オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖が便秘の予防改善に効果的ということで、さっそく試してみたいと思った人もいるのではないでしょうか。そのなかには、どのような食品にオリゴ糖が含まれているのか知りたいと思った人もいるはずです。

オリゴ糖含有食品のトップ3はヤーコン、きな粉、てんさいで、ヤーコンは100g中8gのオリゴ糖が、きな粉は100g中7gのオリゴ糖が、てんさいは100g中5gのオリゴ糖が含まれています。ほかにも一般的に食卓に登場する機会の多い、ごぼう、たまねぎ、はちみつ、にんにく、豆腐、豆乳、バナナ、ねぎ、アスパラガス、枝豆といった食品にも含有量には違いはあるものの、オリゴ糖が含まれています。毎日の献立にオリゴ糖が含まれている食品をうまく取り入れて便秘対策を行ないましょう。

なお、通常の食事でオリゴ糖を摂取する方法以外にも、効率よく摂取することが可能な方法があります。サプリメント・健康食品でオリゴ糖配合の商品が多く、特定保健用食品も発売されています。少量の摂取で多量のオリゴ糖を摂取することが可能で効率的に栄養補給をすることができます。オリゴ糖が多く含まれて要る食材を絡めた献立を考える必要がない点も、サプリメントや健康食品の魅力の一つといえるでしょう。

TOPIC|【公式】日本で一番売れているオリゴ糖『カイテキオリゴ』

オリゴ糖が便秘にいいワケ

オリゴ糖が便秘に有効な理由は、腸内環境を良好な状態に維持することに貢献してくれるためです。腸内環境が良好な状態では善玉菌の勢力が優位であり、腸内環境が悪化した状態では悪玉菌の勢力が優位です。オリゴ糖は善玉菌の勢力を優位な状態にするための助けになってくれます。

なぜオリゴ糖がこのような活躍をしてくれるのかといいますが、オリゴ糖には善玉菌を増殖させる役割があるためです。オリゴ糖を摂取することによって、体内にいる善玉菌がそのオリゴ糖をエサにして、勢力を拡大していきます。これにより腸内環境が改善されて、便秘を起こしにくい体を手に入れることができるというわけです。

なお、善玉菌がエサにする成分はオリゴ糖以外の糖類にもあります。しかしながら、ほかの多くの糖類は腸に到達する前に消化されてしまい、便秘の予防改善のために貢献してくれません。これに対し、オリゴ糖は途中で消化されにくく、大腸まで届いて役割を果たしてくれます。

そのほか、オリゴ糖は便秘の予防改善に効果的とされているだけでなく、ほかの病気にいいということでも知られています。腸内環境が良好に維持されることにより、大腸ガンを未然に防いだり、にきび・吹き出物の予防改善にも効果的とされています。むし歯の原因になりにくいこと、低カロリーで太ることを気にしなくてよいところも、オリゴ糖の魅力の一つといえるでしょう。

便秘と腸内環境

便秘の改善や予防にいいといわれている食品にはいろいろなものがあります。そのなかの一つに含まれているのがオリゴ糖です。オリゴ糖は一般に、2~10個ほどの単糖類が結合したもののことを呼びます。糖類の一種という認識で問題ありませんが、この成分が有効なのは、腸内環境がよくないことが原因で起こっている便秘に対してです。

腸内環境というのは良好に維持されていればスムーズな排便が可能です。腸内環境が良好で便秘に悩まされていなければ、腸内環境が良好な状態を維持することもできます。一方、腸内環境が悪い場合はこのことが原因となる便秘を招きやすくなり、便秘に悩まされるようになると便が腸のなかで長く留まることになり、このことが腸内環境悪化の原因となってしまいます。腸内環境が一度悪くなると、便秘が腸内環境の悪化を招いて余計に便秘をひどくするという悪循環が完成してしまいます。

腸内環境の良し悪しに深く関係しているのは善玉菌と悪玉菌です。良好な腸内環境を維持し、消化吸収を促す役割を担っているのが善玉菌です。善玉菌の勢力が優位な状態では便秘に悩まされにくいのですが、腸のなかで悪玉菌の勢力が優位な状態では腸内環境が悪化して、便秘に悩まされやすくなります。オリゴ糖は、腸内環境を善玉菌優位な状態にすることに関与する存在です。当サイトでは、オリゴ糖が便秘になぜ効果的なのか解説するとともに、どのような形で摂取することが可能なのか解説していますので、参考にしていただければ幸いです。